2013年12月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 『ウインダリア』アニメソングPV視聴(12/29)
  3. 『メガゾーン23』アニメ紹介(12/28)
  4. メガゾーン23 宮里久美『背中ごしにセンチメンタル』(12/25)
  5. 高岡早紀の『パンドラの舟』最高(12/24)
  6. 『かぼちゃワイン』アニメ紹介(12/23)
  7. 『エルガイム』 アニメ紹介(12/22)
  8. 飯島真理『サンセット・ビーチ』(12/21)
  9. 『超時空要塞マクロス』挿入歌Part1 0-GLove(12/20)
  10. 『六神合体ゴッドマーズ』アニメソングPV視聴(12/19)
  11. 『超時空要塞マクロス』80年代アニメ紹介(12/18)
  12. 『スペースコブラ』PV視聴(12/17)
  13. 『聖闘士星矢』アニメソングPV視聴(12/16)
  14. はじめに(12/13)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<FC2ランキングに参加中です。>
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

『ウインダリア』アニメソングPV視聴

2013.12.29(22:00)
今回紹介する80年代アニメ1986年に公開されたOVA『ウインダリア』です。


ウインダリア/バース ウインダリア

(大まかなあらすじ)
山に囲まれた国パロと海に囲まれた国イサ、この2つの国は不可侵条約により長い間、平和な日々が送られていた。ある時、パロは美しい国イサを手に入れようとイサ水没を試みるがサキの村の青年『イズー』が食い止める。

その事件をきっかけに、パロはイサに不信感をいだき両国の争いが始まろうとしていた。
しかし、イサのプリンセス『アーナス』とパロのプリンス『ジル』は愛し合っており両国の戦争をやめさせようとかたく『約束』していたが、お互いの国の争いは悪化の一途をたどっていくのであった。

イサの水没を食い止めた『イズー』の功績を高く評価しパロとイサの使者がイズーに戦争の協力を仰ぐ『イズー』は愛妻『マーリン』と離れ離れになっても自分の夢や名誉の為に戦争へとおもむこうとするのであった。戦争が終わったら必ず戻ってくると愛妻マーリンとの『約束』を残して。 

以上『ウインダリア』のおおまかなあらすじでした!!

作品の詳細はwikipediaで

実際の作品をyoutubeで視る場合はコチラ

このブログを訪問してくださったはるかさんのリクエストにより『ウインダリア』という作品を知りました。すばらしい作品に出会わせて頂けたことに感謝します。

恥ずかしながら、80年代アニメのブログを運営しつつも知らない作品でしたので早速youtubeで視聴することにしましたが、なかなか泣ける作品でした。

最初はのどかな感じでストーリーは展開していくのですが、物語はじょじょに重苦しい雰囲気へと変化していきます。

『ウインダリア』のストーリーの中で、盛んにでてくるキーワード『約束』
このアニメの主題歌にもなっているのですが、とても重い言葉となります。

『約束』とはうわべだけの言葉なのか?


約束を果たすことができなかった。


アーナスとジルも 


そしてイズーも・・・・人生で富や名誉はそんなに大切なのか?


真の幸せとは何か?


そんなことを真剣に考えさせられるアニメでした。

『ウインダリア』の主題歌はコチラ
 ↓ ↓ ↓ ↓
ウインダリア
主題歌:『約束』
挿入歌:『美しい星』

唄:新居昭乃さんとっても美しい歌声です。私もとても気に入りました。
物語をよりいっそう引き立ててくれます。




b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中です。

mat_top.gif


スポンサーサイト
<FC2ランキングに参加中です。>

『メガゾーン23』アニメ紹介

2013.12.28(21:44)
今回紹介する80年代アニメは、1985年にOVAで発売された、

『メガゾーン23』です。

メガゾーン23 [DVD]


(大まかなあらすじ)
友人の中川との再会。軍の機密であるガーランドを持ち出し省吾に渡した直後、軍のエージェントにより銃殺。
軍からガーランドを渡すまいと必死に逃走する省吾。
今まで当たり前のように過ごしていた東京であったが、軍の若き将校・B.Dと接触することにより、恐るべき真実が待っていた・・・

物語の詳細はwikipediaで


『だぁ~』
※お前は猪木か!!と突っ込みたくなる雄叫びであるが・・・


若さゆえの無謀さ・・・
「今が一番良い時代」誰もがそう信じていたのであったが・・

もし、自分たちが知っているこの街が宇宙戦艦の中だったとしたら・・・
東京23区をベースにしたこの物語は、あなたを未知なる世界へ誘ってくれるでしょう。

当時、幼い頃の自分としては、何もかもが斬新でした。
80年代を彷彿とさせるエアロビクスやバイク好きの青年!!
平和な時代ゆえに男性は、自分の身を危険にさらすことで命を感じていた時代。

この作品の最後で、B・Dとの戦いの後が一番好きなシーンです。
何とも言えない敗北感、悔しさが残るラストシーンはこの作品以外ないでしょう。
そして流れるタケウチユカの「淋しくて眠れない」を聴くともうヤヴァイ(汗)

他にも、宮里久美さんが演じた時祭イヴの歌も最高です!!
主題歌:「背中越しにセンチメンタル」
挿入歌:「風のララバイ」
     「TOMORROW BLUES」


Daily Motion動画視聴
メガゾーン23・パート1 1/5

メガゾーン23・パート1 2/5

メガゾーン23・パート1 3/5

メガゾーン23・パート1 4/5

メガゾーン23・パート1 5/5 

b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中!!

にほんブログ村 動画紹介ブログ アニメ動画へ

mat_top.gif


<FC2ランキングに参加中です。>

メガゾーン23 宮里久美『背中ごしにセンチメンタル』

2013.12.25(21:26)
ヤバイ感動した!!




何に感動したって?



それはもう宮崎県で開催された「宮里久美のファンの集い」の動画にですよ(笑)。

もちろんライブに感動しているのですが、なんと言っても宮崎県に宮里久美が訪れていたということに
感動してしまいました。(私は現在宮崎人である為)

行った人いるんかなぁ??是非当時の話を本気で聞いてみたかったりします。

「宮里久美ファンの集い」動画
↓ ↓ ↓ ↓



これこそ80年代の魂がぎっしりつまった究極の動画と言えるでしょう。
まず第一に、今聞くと照れくさい感じがするのですが、といいますか恥ずかしいのですが
ファンのひとたちの雄たけび?コールが当時のアイドル全盛期だった頃の雰囲気をかもしだしております。
そして、ハチマキ男たちの声援に背筋がぞぞっとしてしまいました。

第二に衣装が素敵!!宮里久美さんの衣装かわいいです。

第三に振り付けが最高!!特に『突然振り出す雨のような愛~♪』の部分の手の動きがイイ

褒めとんか、けなしとんかわからん感じになったけど褒めとることにして下さい。

何故引退してしまったのでしょうか?
メガゾーン23PartⅡまで声優として時祭イヴを演じてくれていたのですが・・・
独特の声の深み、歌唱力とても惜しまれます。

L・O・V・E  Love me 久美ちゃん




b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中です。


mat_top.gif


<FC2ランキングに参加中です。>

高岡早紀の『パンドラの舟』最高

2013.12.24(20:41)
最近、メガゾーン23のヴォーカルコレクションを聴いていると過去を思い出しうるっとキタ曲がありました。


それは・・・・・


物語のエンディングで流れる『パンドラの舟』です。
この曲は、魔性の女性こと高岡早紀さんが歌っております。






すんごくいい!!


なに?やばいじゃんこれ(目に涙)


曲のはじまりは暗くて淋しい感じですけど、曲のサビの部分で大いに盛り上がります。
感情が高ぶり、最後の最後で・・・・
イヴがA.D.A.M.へ飛び立ってしまう光景を思い出し・・・


目に涙!!


過去の何を思い出したのかと言うと、広島から宮崎に旅立つ最後の日に観たアニメが
メガゾーン23PartⅢでした。
ほんまに思い出す。あの日は雪がしんしんと降る中で、
実家の2階で不安と希望を抱きながら鑑賞していました。




b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中です。

にほんブログ村 動画紹介ブログ アニメ動画へ

mat_top.gif



<FC2ランキングに参加中です。>

『かぼちゃワイン』アニメ紹介

2013.12.23(20:42)
今回紹介する80年代アニメは・・・

1982年放送『かぼちゃワイン』です

 The かぼちゃワイン DVD-BOX 2     The かぼちゃワイン DVD-BOX 1


<大まかなストーリー>
自称硬派を語る主人公、青葉春助!!
彼はサンシャイン学園中等部2年桜組で比較的背は低く女嫌いであった。
そんな春助に一目惚れしたのは、同じサンシャイン学園中等部2年の
朝丘夏美ことニックネームL(Lの由来は身長が高いことからきている)!!
そんなふたりのラブコメディーが展開される。

作品の詳細はWikipdeaで

以上大まかなストーリーですが、う~ん今見ても
エルちゃん(朝丘夏美)は可愛いですね。

今の時代に考えられない位の一途な性格がとても素敵です。
他、80’sアニメで一途系アニメに位置するのが『うる星やつら』でしょう。
こちらも男心をくすぐる作品です。

『かぼちゃワイン』で特に印象に残っている場面は、
エルちゃんがお風呂でのぼせてしまう所でした。幼い私は、
見ていいのかなと思いつつ少し興奮しました。

 更に、「春助くんだ~いすき」なんて言われてごらんよ、
私だったらすぐにメロメロですわ!!

『かぼちゃワイン』主題歌

オープニング『Lはラブリー』アニメソングPV視聴(youtube)
エンディング『青葉春助・ザ・根性』アニメソングPV視聴(youtube)

b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 動画紹介ブログ アニメ動画へ

mat_top.gif



<FC2ランキングに参加中です。>

『エルガイム』 アニメ紹介

2013.12.22(21:47)
今回紹介する80年代アニメは『重戦機エルガイム』です。
エルガイムは1984年に放送されています。


重戦機エルガイム DVD-BOX

(おおまかなあらすじ)
二重太陽サンズを中心に五つの惑星を擁するペンタゴナワールドは、絶対権力者オルドナ・ポセイダルの統治下にあった。そんなある日、惑星コアムから主人公ダバ・マイロードと親友ミラウー・キャオはダバの父の形見であるヘビーメタル・エルガイムを携え行方不明の義妹クワサン・オリビーを探すため旅立つ。

行き倒れた男から100万ギーンの手形をアマンダラ・カマンダラに届けるよう託されたダバは、元盗賊のファンネリア・アムや元正規軍人のガウ・ハ・レッシイを仲間に加え、盗賊や正規軍をエルガイムで退けるうちに、今の世の中は腐敗した正規軍による圧政の敷かれた世界だと知る。力による統治に反発するダバ達は、やがて正規軍と反ポセイダル勢力との戦乱に巻き込まれていく。


監督は『機動戦士ガンダム』でも有名な富野由悠季氏です。

『重戦機エルガイム』メカニックデザイン・キャラクターデザインに永野護氏を抜擢!!
この当時23歳という若さでした。

『エルガイム』の詳しい内容はwikipediaで


ちょっとした話ですが、『エルガイム』に登場するロボットの名称はヘビー・メタル(H・M)です。
永野氏作品の『ファイブスター物語』に出てくるロボットの名称はモーター・ヘッド(M・H)!!
イニシャルで表すとMとHが逆!!(意図的に永野氏が考えたのだろうか?)
どちらとも、サンズ太陽系に存在する5つの惑星を中心に描かれたストーリーですので、
時代の流れとともに呼び名が変わったのでしょうかね。

スミマセンどうでもいい話でしたね

そういえば、バンダイのプラモデルリアルロボットレボリューションエルガイムMk-2が発売されていますね。
お小遣いがもう少し沢山もらえたら購入したいです。

前置きが長くなったのですが、主題歌PV視聴(youtube)のリンクを集めてみましたのでどうぞ。

『重戦機エルガイム』主題歌PV視聴(youtube)

オープニング
『エルガイム-Time for L-GAIM-』アニメソングPV視聴(youtube)
『風のノー・リプライ』アニメソングPV視聴(youtube)
エンディング
『スターライトシャワー』アニメソングPV視聴(youtube)

もっと深くミュージックを聴きたい方は、『エルガイム』ミュージックCDを購入して聞いてみて下さい。

b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中です。

にほんブログ村 動画紹介ブログ アニメ動画へ

mat_top.gif


<FC2ランキングに参加中です。>

飯島真理『サンセット・ビーチ』

2013.12.21(21:30)
今日も『超時空要塞マクロス』挿入歌特集です。


マクロスで好きな曲あげれば、きりなしか・・・

『超時空要塞マクロス』の曲の中から曲を紹介したいと思います。

『サンセット・ビーチ』



この歌詞が80年代を感じるんですよね。

どういう事かといいますと・・・

※今頃は、カッコイイ男性に対して、キャーキャー寄ってくる女性の姿ってないんですが、

昔は「○○君、こっちむいて~」ってな感じってありましたよね。(笑)
例えば、タッチでいえば、「和也く〜ん」みたいな。

タッチの和也は真面目でかっこいいタイプだけど、
この頃は、ロイ・フォッカーのようなちょい悪な奴がモテる時代ですね。
つっぱり(現代の学生にとっては死語ですが・・)とかモテてましたのを思い出します。
今考えると、なんでや!!と突っ込みたくなりますが・・・

では、80年代にモテてただろう男性像はこうです!!

↓   ↓   ↓

優しい奴よりも、サーフボードを頭の上に乗せた肉食系な感じで浮気症な奴(大笑)


※あくまでも、個人的な意見です。


b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中です。

にほんブログ村 動画紹介ブログ アニメ動画へ

mat_top.gif







<FC2ランキングに参加中です。>

『超時空要塞マクロス』挿入歌Part1 0-GLove

2013.12.20(21:09)
今日のブログは、マクロスの挿入歌についての話題といきたいと思います。

・・・ということは、『私の彼はパイロット』ですねっ
といきたいところでしたが、個人的に好きなこの曲でいきたいと思います。

『0-GLOVE』




やっぱり、いいですよね。この歌は。
歌詞の内容がとても初々しく感じます。
以前、『体が風にのって飛んでゆく』のフレーズをメール着信音にしたのですが、
ちょっと人に聴かれると恥ずかしかったのでやめました!!

無重力のようにフワフワする恋なんて羨ましいデスねぇ〜
なんか、俺もフワフワしてきた!!

みんなも、この曲を聴いてフワフワしてください。

なんじゃそりゃ(大笑)





b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中です。

にほんブログ村 動画紹介ブログ アニメ動画へ

mat_top.gif


<FC2ランキングに参加中です。>

『六神合体ゴッドマーズ』アニメソングPV視聴

2013.12.19(21:20)
 今回紹介する80年代アニメは1981年に放送された「六神合体ゴットマーズ」です!!

六神合体ゴッドマーズ DVD-BOX I     六神合体ゴッドマーズ DVD-BOX II


(おおまかなストーリー)
冥王星にまで宇宙開拓をすすめてきた地球。その地球に謎の宇宙人ギシン星人の皇帝ズールが侵略しようとわが子マーズ(実際は科学庁長官イデアの子だが・・)を、地球へと送り込んでいた。
しかし、地球人に育てられたマーズは、『明神タケル』と名づけられコスモクラッシャー隊として活動していた。
皇帝ズールに出生の秘密を明かされ、地球侵略の命令を下されるも拒否し逆にギシン星人より狙われることになる。
明神タケルことマーズは地球人とともに彼らの星、地球をガイア(タケルを守るためにつくられたロボット)とともに守ることとなるのであった。

1話~25話『ギシン星編』

26話~50話『マルメロ星編』

50話~64話『地球編』

3部構成となっている。

『六神合体ゴッドマーズ』の詳細はwikipediaで
『六神合体ゴッドマーズ』の裏話、登場人物紹介についてはこちらのサイトで

よろしければ私の記事もご覧になってください。
↓ ↓ ↓ ↓
『六神合体ゴッドマーズ』ギシン星編を鑑賞して!!
『六神合体ゴッドマーズ』マルメロ星編を鑑賞して!!
『六神合体ゴッドマーズ』地球編を鑑賞して!!

以上おおまかなあらすじですが、この作品、アニメージュ第5回アニメグランプリで様々な賞を総なめしている作品です。
たとえば、この作品自体がアニメージュアニメグランプリを獲得!!
キャラクター部門で明神タケルが第1位、タイトル部門では「マーグ地球に死す!」が第2位と素晴らしい成績を収めた作品でした。


その素晴らしい成績に胸を躍らせ早速視聴!!

タイトルを視たとたんに私の中にいきなり衝撃が走った!!

そのタイトル名は・・・・・・


第1話「オレはだれだ」!!


ガーン

おれが聞きたいよ!!とかなりショックを受けるタイトルですが、まあ、本編をみればそのタイトル内容も納得いくと思います。

結局は明神タケルことマーズは17年間、自分が地球人だと信じて疑わなかったのにいきなり超能力はつかえるわギシン皇帝ズールが出てきて『わが息子よ(ギシン皇帝下にいる部下達は皆息子と呼んでます。独裁社会によくあるやつですね。本当の子どもじゃございません!!)』などとふざけたことを口走るわで『オレは誰だ!!』と混乱するのも無理はありません。

うーん、それにしても、これほどかわいそうな主人公はいただろうか?
悲劇なヒーロー像は見るものを虜にしてしまうというがまさにゴッドマーズはそれです!!


話は変わりますがやはり、東京ムービーの作品はとても丁寧な仕上がりになっています。
コブラの時もそうでしたが、すごくアニメーションが綺麗です。手抜き一切無しといった感じです。
アニメーションでいえば、『ゴッドマーズ』の合体シーンが私のお気に入りで5体のロボットがガイアに向かってくるときに放つ光は脳裏に焼きつきます。

オープニング:『宇宙の王者ゴッドマーズ』アニメソングPV視聴
エンディング:『愛の金字塔』アニメソングPV視聴

『六神合体ゴッドマーズ』の視聴はDMMで





b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中です。

にほんブログ村 動画紹介ブログ アニメ動画へ

mat_top.gif

<FC2ランキングに参加中です。>

『超時空要塞マクロス』80年代アニメ紹介

2013.12.18(22:19)
今回紹介する80年代アニメは、

1982年に放送された『超時空要塞マクロス』です。


超時空要塞マクロス DVDボックス Part-1

(大まかなあらすじ)
西暦1999年、全長1,200m超もの宇宙戦艦が、南アタリア島に飛来。戦艦が墜落したことにより、
異星人が実在し戦争が行われているということを知った人類は、地球統合政府を設立。
統合戦争の経て、墜落した宇宙船艦を改修し「マクロス」と命名する。

2009年のマクロス進宙式の日、地球にゼントラーディ軍の艦隊が出現。
マクロスはゼントラーディ軍が敵対していた監察軍の艦であり、ゼントラーディ軍に遭遇した際に自動的に主砲が発射されるといったブービートラップが仕掛けられていた。
戦いに巻き込まれたマクロスは回避を試みる為、フォールド航行で月面裏側への移動を試みるが、制御に失敗して、周りの街も巻き込んで、冥王星付近まで到着する。
巻き込んだ街は、マクロスに取り込み戦艦の中に街が誕生し、その中で主人公『一条輝』は『ミンメイ』、『早瀬未沙』と出会い様々なドラマが生まれる。


ブログをはじめたきっかけもこの作品があったからといっても過言はないでしょう。

アイドル、ラブストーリー、戦争

さて、この作品の中で一番外してはならない登場人物といえば、

リン・ミンメイちゃん

幼心というよりも今でも永遠のアイドルといえば、
まず先に思い浮かぶのがリン・ミンメイです。

主人公の一条輝はとにかくミンメイに振り回されているという印象が強い作品。
振り回された挙句、軍人にまでなっちゃって笑えます。

でも・・・・
俺も人のこと言えんかなぁ
ちょっと小悪魔的な女の子に振り回されたいなと勝手に思ってしまう次第でございます。

時代は2009年ですが、現実の世界では、もう過去の話になってます。
現実世界の方が発展してるなと思うこともありますが、マクロスの世界が進んでると思うこともあり、照らし合わせるととても面白く感じます。
マクロスの世界では、公衆電話を使用しているが、現実世界ではスマートフォン!!
マクロスをリアルタイムで見ていた当時としては、想像もつかなかったなと思います。

この作品について、素晴らしいところが沢山あり、何から説明してよいのやら。
自分としては、この作品の一番好きな部分は歌ですね。
特に好きなのは『私の彼はパイロット』と『サンセット・ビーチ』『0G-LOVE』の3曲です。
キュンキュンしますね。(笑)

そして、メカの部分では、バルキリーは最高にカッコよかった。
リアル戦闘機が人型ロボットに変形する!!
これほど、萌える設定は未だかつてなかったと思います。

又、回によっては、雑なアニメーションもあった作品ですが、良い時の戦闘シーンは、ホント良かったです。
ミサイル発射の臨場感は素晴らしいものでした。

とにかく、マクロスは語ると長くなるので、アニメ紹介文はこれぐらいにします。
一言でこのアニメを語るなら


歌は世界を救う


かな??

オープニング:『マクロス』アニメソングPV視聴(youtube)
エンディング:『ランナー』アニメソングPV視聴(youtube)




b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中です。


mat_top.gif

<FC2ランキングに参加中です。>

『スペースコブラ』PV視聴

2013.12.17(21:05)
この度紹介する作品は、1982年放送『スペースコブラ』です。

原作はおなじみの『寺沢武一先生』です。

〈ANIMEX 1200シリーズ〉(16) スペースコブラ オリジナル・サウンドトラック


この作品の大まかなあらすじは、海賊業に疲れ果て顔の整形をし全ての記憶を消し去った
主人公『コブラ』がひょんなことから過去の記憶を取り戻し、
敵対している海賊ギルドと左手に隠されたサイコガンで戦っていくというお話です。


作品の詳細はwikipediaでどうぞ

なんといってもこの作品キャラがとってもカッコいい。『コブラ』のアメリカンジョークも冴え渡っています。
又、本作に登場する『ドミニク』は今、改めて見ると、とても美人でセクシーな女性です。(当時幼い時の私には
リアルすぎて受け付けませんでしたが・・汗)
そして、海賊ギルドといえば、最後にサラマンダーというやつが出てくるのですが、
私にとって強く印象に残っているやつは、もちろんクリスタルボーイ!!
かっ・・・・身体が透けてるっ(大汗)
黄金バットみたいな風貌とサイコガンを跳ね返す特殊な身体は、幼心に恐怖心を植え付けました!!

でも、恐るべき身体能力のコブラ!!
そんな、不気味な敵をものともせず、マイペースに戦いながらアメリカンジョークをカマす。
とても、カッコ良い男です。

是非視聴することをおすすめします。

ちょっと余談ですが、アニメ版コブラでは、「あしたのジョー」で素晴らしいアクションものを描いたことで評価された。出崎統氏杉野昭夫コンビがアニメ版コブラを手がけています。
それだけに80年代アニメにありがちなコマ送り動画みたいなのは見受けられずきっちりと描かれています。
 
アニメ版コブラは漫画ではなかなか表現しづらい場面も細かく表現されていてまさに見ごたえあり!

視聴をオススメします。

オープニング:『スペースコブラ』アニメソングPV視聴(youtube)
エンディング:『シークレット・デザイアー』アニメソングPV視聴(youtube)


スペースコブラの視聴はDMMで!!




b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中です。


mat_top.gif
⇒『スペースコブラ』PV視聴の続きを読む <FC2ランキングに参加中です。>

『聖闘士星矢』アニメソングPV視聴

2013.12.16(20:30)
今回、紹介するのは1986年放送の『聖闘士星矢』です。

聖闘士星矢 主題歌&BEST

(おおまかなあらすじ)
※「この世に邪悪がはびこる時、必ずや現れるという希望の闘士聖闘士(セイント)。その拳は空を切り裂き、
蹴りは大地を砕くという。

彼らは神話の時代より女神アテナに仕え、武器を嫌うアテナのために素手で敵と戦い、天空に輝く88の星座を
守護としてそれを模した聖衣(クロス)と呼ばれる防具を纏う。

6年もの厳しい修行を経てアテナの聖闘士となった少年星矢が、同じ境遇の仲間の聖闘士たちとともに
この世に蔓延する邪悪と戦う。」 ※wikipedia引用

[聖域の章]

1、銀河戦争編(青銅聖闘士編) 2、暗黒聖闘士編 3、白銀聖闘士編 4、十二宮編(黄金聖闘士編)

[海皇ポセイドンの章]

1、アスガルド編 2、海底神殿編

[冥王ハーデスの章]

1、十二宮編 2、冥界編 3、エリシオン編

以上の章で構成されている。

*詳しくはwikipediaで
車田正美先生原作のこの作品は今見ても、面白い!!アニメ版については理不尽な内容も沢山あって
突っ込みたくなるような作品です。(でも大好きです

又、突っ込みどころをブログで紹介しようと思いますので楽しみにしていて下さい。

さて、アニメ版と漫画版の違いといえば星矢達、ブロンズ聖闘士のクロスが異なります。
幼き頃、漫画の方を先に見ていたのでアニメ版のクロスにはとても抵抗があったのですが、
見馴れてくればそれで良し。結構カッコイイじゃないのと今では思います。

リアルタイムで視ていたのが丁度、小学生の時だったと思います。
兄貴と一緒にダンボールかなんかで『クロス』をつくって遊んでいました。
兄貴に作ってもらったクロスがなんと!!ウルフのクロスでした!!
当時、ウルフはヘボヘボな聖闘士とは知らず喜んでいましたが、騙されていたことに最近気づきました。
なんといっても登場の仕方がクロスを装着する度に、英語で部位を叫んでいたので、
騙されるでしょう!!

さてさて、私はこの作品をアニメ、漫画ともに見ていたのですが、アニメの方で少々飽きれ返ってしまった
登場人物達がいます。

その名もスチール聖闘士!!(なんだこいつ等は!!)

他のキャラクター達も、スチール聖闘士を見て唖然としています(笑)。

当時、原作に出てこないこのキャラクターを見て怒り爆発!!
でも、今見れば笑えるので良しとします。




『聖闘士星矢』主題歌PV視聴(youtube)

オープニング
『ペガサス幻想(ファンタジー)』アニメソングPV視聴(youtube)
『聖闘士神話(ソルジャードリーム)』アニメソングPV視聴(youtube)

エンディング
『永遠ブルー』アニメソングPV視聴(youtube)
『夢旅人』アニメソングPV視聴(youtube)

b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中。

mat_top.gif
<FC2ランキングに参加中です。>

はじめに

2013.12.13(16:20)
はじめまして


私はカレイドスコープ(80年代youtubeアニメソング)管理人
ヒーロン
です!!


私がこのブログを始めたきっかけは、80年代アニメに妙に愛着があり、
2000年代になった現在でもその頃の時代のものを見たり聴いたりすると
元気になるからです。


私が80年代を過ごした年齢は、2歳から12歳までの間ですが、
この頃のアニメやアニメソングは一番記憶に残っておりますし大好きです。


と言うわけで、満足できる80’sを自分で作り少しでもこのブログに訪れた方に
ふと80年代の良き思い出、懐かしい思い出に浸ってもらえたら嬉しいなぁということで
ブログを始めた次第でございます。


この頃に青春時代を過ごしてきた方達にとって私のブログは、まだまだだなと
思われるかもしれませんが、あの頃の時代に懐古できるブログに成長させたいと
思っていますので暖かく見守って下さいね。
又、アニメのみならず、この時代での思い出記事も投稿したいと思います。


この気持ちを理解できる方は応援をよろしくお願いします。
未熟者ですが、立派なサイトに仕上げていきたいと思います。


※ 又、このサイトは、 著作権侵害を助長する意図はありません。
  よって、私が動画をアップロードしているわけではなくYouTube等の動画共有サイトへの
  リンク集であります。 視聴は、自己の責任において閲覧ください。
<FC2ランキングに参加中です。>
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。