[80’sアニメ]80'sアニメ タ行

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』主題歌PV視聴(11/03)
  3. 『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』アニメソングPV視聴リンク集(11/02)
  4. 飯島真理『サンセット・ビーチ』(12/21)
  5. 『超時空要塞マクロス』挿入歌Part1 0-GLove(12/20)
  6. 『超時空要塞マクロス』80年代アニメ紹介(12/18)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<FC2ランキングに参加中です。>
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』主題歌PV視聴

2016.11.03(21:00)
今回紹介する80年代アニメは、1986年放送
『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』です。


戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010 DVD-SET


<大まかなストーリー>
アニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の続編で、
ユニクロンでの闘いから5年が経ち、デストロン軍団を再興させようと、
サイクロナスは宇宙の果てに飛ばされたデストロン軍団の大帝
『ガルバトロン』を復活させた。
一方、サイバトロン軍団の方は、前作のリーダー『コンボイ』の後を受け継ぎ、
若き青年『ホットロディマス』がマトリクスに選ばれ
『ロディマスコンボイ』としてデストロン軍団に立ち向かう。
更に、超ロボット生命体の創造主である、邪悪な知的生命体『クインテッサ星人』
闘いに加わり、サイバトロン軍団、デストロン軍団、クインテッサ星人と
三つ巴の闘いを繰り広げる
のであった。

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』の詳細はwikipediaで

以上が大まかなストーリですが、若かりし頃どうも新しい総司令官
『ロディマスコンボイ』を受け付けることができませんでした。

なぜかというと、若き青年とありますが、実際ロボットに変形した時、
やけに顔が老けている!!
声も渋いなど・・前総司令官の『コンボイ』は何処へ!!
と思っていました。
コンボイはすでにユニクロンでの闘いで破壊されていたとのこと。

実は、前作『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』と本作との間に、
『トランスフォーマー ザ・ムービー』というアニメ映画(アメリカ)があり、
『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』と本作を繋ぐ
重要なストーリーが繰り広げられていましたが、
なぜか日本ではリアルタイムで放送されることがなく、
日本のトランスフォーマーファンは混乱に陥りました
 
したがって、タカラは混乱を抑える為に「コンボイは死んだ!!」
キャンペーンをテレビCMで流したのですが、
コンボイの亡骸をヘリコプターで吊るした衝撃的映像が流れるだけで
実際はロディマスコンボイの登場の謎はさっぱりわかりませんでした!!

更に、タカラはファミコンのゲームで『コンボイの謎』を出すなど
ファンの混乱を抑えるのに必死!!

『トランスフォーマー・ザ・ムービー』の詳細はwikipediaでコンボイの謎がわかります。
ゲーム『コンボイの謎』を面白おかしく解説しているサイトはコチラ

又、本作に『ウルトラマグナス』というサイバトロン軍団の№2がいるのですが、
とてもカッコよくこちらが総司令官だといいのにと当時密かに思っていました・・
が、マトリクスはウルトラマグナスを選ばなかったのが
総司令官になれない原因でした。
(残念!!けどコンボイの謎がわかれば、ロディマスに頑張って欲しいと思うはずです。)

さて、音楽はオープニング:『トランスフォーマー2010~TRANSFORMER 2010~』
エンディング:『ホワッツ・ユー~WHAT'S YOU~』がありますが、
エンディングの『ホワッツ・ユー~WHAT'S YOU~』はラップ調の歌で、
本作にでてくるキャラクターの名前と性格を盛り込んだ面白い内容
です。
是非視聴あれ!!

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』主題歌PV視聴 
 
オープニング:『トランスフォーマー2010~TRANSFORMER 2010~』
エンディング:『ホワッツ・ユー~WHAT'S YOU~』

b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中です。

人気ブログランキング

↑ ↑ ↑ ↑
こちらもランキング参加中です。


mat_top.gif
スポンサーサイト
<FC2ランキングに参加中です。>

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』アニメソングPV視聴リンク集

2016.11.02(21:00)
1985年より日本で放送された
『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』
の紹介です。

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー DISC 1(第1話~第7話) [レンタル落ち]


作品の内容ですが、「トランスフォーマー」とは
機械の体を変形させることの出来る生物で、
2つの種族(サイバトロンとデストロン)に分かれています。
惑星・セイバートロンで誕生した「トランスフォーマー」は
2つの種族で長きの間戦争が繰り返されていました。

後、惑星の資源は枯渇し豊富な資源に目をつけたデストロン!!

本作では、地球を侵略しようと企むデストロンと
それを阻止しようとするサイバトロンの戦いが主な内容
となっています。

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の詳細はwikiediaで

この『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』は、
米国によるアニメ作品で、日本のロボットアニメにはないアメリカンな
雰囲気が未だファンを魅了しているそうです。
私も当時はこのアニメ及び、おもちゃに魅了されました。

私は、サイバトロン派で、サイバトロンのおもちゃばかり買っていました。
又、作中での見所はトランスフォーマー達の迷言で、
特にサイバトロンのリーダー「コンボイ」による迷言「私にいい考えがある」は
大抵失敗に終わり当てにならないものとなっています(笑)。
 
『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』主題歌PV視聴(youtube)

オープニング:「TRANSFORMER~トランスフォーマー~」アニメソングPV視聴
エンディング:「Peace Again~ピース・アゲイン~」アニメソングPV視聴

b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中です。

人気ブログランキング

↑ ↑ ↑ ↑
こちらもランキング参加中です。


mat_top.gif
<FC2ランキングに参加中です。>

飯島真理『サンセット・ビーチ』

2013.12.21(21:30)
今日も『超時空要塞マクロス』挿入歌特集です。


マクロスで好きな曲あげれば、きりなしか・・・

『超時空要塞マクロス』の曲の中から曲を紹介したいと思います。

『サンセット・ビーチ』



この歌詞が80年代を感じるんですよね。

どういう事かといいますと・・・

※今頃は、カッコイイ男性に対して、キャーキャー寄ってくる女性の姿ってないんですが、

昔は「○○君、こっちむいて~」ってな感じってありましたよね。(笑)
例えば、タッチでいえば、「和也く〜ん」みたいな。

タッチの和也は真面目でかっこいいタイプだけど、
この頃は、ロイ・フォッカーのようなちょい悪な奴がモテる時代ですね。
つっぱり(現代の学生にとっては死語ですが・・)とかモテてましたのを思い出します。
今考えると、なんでや!!と突っ込みたくなりますが・・・

では、80年代にモテてただろう男性像はこうです!!

↓   ↓   ↓

優しい奴よりも、サーフボードを頭の上に乗せた肉食系な感じで浮気症な奴(大笑)


※あくまでも、個人的な意見です。


b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中です。

にほんブログ村 動画紹介ブログ アニメ動画へ

mat_top.gif







<FC2ランキングに参加中です。>

『超時空要塞マクロス』挿入歌Part1 0-GLove

2013.12.20(21:09)
今日のブログは、マクロスの挿入歌についての話題といきたいと思います。

・・・ということは、『私の彼はパイロット』ですねっ
といきたいところでしたが、個人的に好きなこの曲でいきたいと思います。

『0-GLOVE』




やっぱり、いいですよね。この歌は。
歌詞の内容がとても初々しく感じます。
以前、『体が風にのって飛んでゆく』のフレーズをメール着信音にしたのですが、
ちょっと人に聴かれると恥ずかしかったのでやめました!!

無重力のようにフワフワする恋なんて羨ましいデスねぇ〜
なんか、俺もフワフワしてきた!!

みんなも、この曲を聴いてフワフワしてください。

なんじゃそりゃ(大笑)





b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中です。

にほんブログ村 動画紹介ブログ アニメ動画へ

mat_top.gif


<FC2ランキングに参加中です。>

『超時空要塞マクロス』80年代アニメ紹介

2013.12.18(22:19)
今回紹介する80年代アニメは、

1982年に放送された『超時空要塞マクロス』です。


超時空要塞マクロス DVDボックス Part-1

(大まかなあらすじ)
西暦1999年、全長1,200m超もの宇宙戦艦が、南アタリア島に飛来。戦艦が墜落したことにより、
異星人が実在し戦争が行われているということを知った人類は、地球統合政府を設立。
統合戦争の経て、墜落した宇宙船艦を改修し「マクロス」と命名する。

2009年のマクロス進宙式の日、地球にゼントラーディ軍の艦隊が出現。
マクロスはゼントラーディ軍が敵対していた監察軍の艦であり、ゼントラーディ軍に遭遇した際に自動的に主砲が発射されるといったブービートラップが仕掛けられていた。
戦いに巻き込まれたマクロスは回避を試みる為、フォールド航行で月面裏側への移動を試みるが、制御に失敗して、周りの街も巻き込んで、冥王星付近まで到着する。
巻き込んだ街は、マクロスに取り込み戦艦の中に街が誕生し、その中で主人公『一条輝』は『ミンメイ』、『早瀬未沙』と出会い様々なドラマが生まれる。


ブログをはじめたきっかけもこの作品があったからといっても過言はないでしょう。

アイドル、ラブストーリー、戦争

さて、この作品の中で一番外してはならない登場人物といえば、

リン・ミンメイちゃん

幼心というよりも今でも永遠のアイドルといえば、
まず先に思い浮かぶのがリン・ミンメイです。

主人公の一条輝はとにかくミンメイに振り回されているという印象が強い作品。
振り回された挙句、軍人にまでなっちゃって笑えます。

でも・・・・
俺も人のこと言えんかなぁ
ちょっと小悪魔的な女の子に振り回されたいなと勝手に思ってしまう次第でございます。

時代は2009年ですが、現実の世界では、もう過去の話になってます。
現実世界の方が発展してるなと思うこともありますが、マクロスの世界が進んでると思うこともあり、照らし合わせるととても面白く感じます。
マクロスの世界では、公衆電話を使用しているが、現実世界ではスマートフォン!!
マクロスをリアルタイムで見ていた当時としては、想像もつかなかったなと思います。

この作品について、素晴らしいところが沢山あり、何から説明してよいのやら。
自分としては、この作品の一番好きな部分は歌ですね。
特に好きなのは『私の彼はパイロット』と『サンセット・ビーチ』『0G-LOVE』の3曲です。
キュンキュンしますね。(笑)

そして、メカの部分では、バルキリーは最高にカッコよかった。
リアル戦闘機が人型ロボットに変形する!!
これほど、萌える設定は未だかつてなかったと思います。

又、回によっては、雑なアニメーションもあった作品ですが、良い時の戦闘シーンは、ホント良かったです。
ミサイル発射の臨場感は素晴らしいものでした。

とにかく、マクロスは語ると長くなるので、アニメ紹介文はこれぐらいにします。
一言でこのアニメを語るなら


歌は世界を救う


かな??

オープニング:『マクロス』アニメソングPV視聴(youtube)
エンディング:『ランナー』アニメソングPV視聴(youtube)




b_02.gif

↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加中です。


mat_top.gif

<FC2ランキングに参加中です。>
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。